読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Power of Knowledge Sharing

情報共有やナレッジマネジメントについてのブログ

SECIモデルについて

前回ナレッジマネジメントの概要を開設したが、今回からは野中郁次郎氏の書籍「知識創造企業」の中で提唱している、SECIモデルの4つのプロセスに沿って解説をしたいと思う。

SECIモデル 4つのプロセス

改めてwikipediaを引用する
 

「個人の知識を組織的に共有し、より高次の知識を生み出す」ということを主眼に置いたナレッジマネジメントを実現する場合、そのフレームワークとして以下の4段階のプロセスが提示されている。このプロセスは、各段階の英語名称の頭文字をとって“SECI(セキ)プロセス”、あるいは単に“SECI(セキ)”と呼ばれる。これは野中郁次郎一橋大学 名誉教授)と竹内弘高(ハーバード大学ビジネススクール 教授、一橋大学 名誉教授)が執筆したThe Knowledge Creating Company(『知識創造企業』梅本勝博訳、東洋経済新報社)において、提唱された。 知識とは「正当化された真なる信念 (Justified true belief)」であり、個人と個人の相互作用、あるいは組織と組織の相互作用により、ダイナミックに変化・深化・進化していくものであるという考えの下に構築されている。

  • 共同化(Socialization)とは、組織内の個人、または小グループでの暗黙知共有、およびそれを基にした新たな暗黙知の創造である。
  • 表出化(Externalization)とは、各個人、小グループが有する暗黙知形式知として洗い出すこと。
  • 結合化(Combination)とは、洗い出された形式知を組み合わせ、それを基に新たな知識を創造することである。
  • 内面化(Internalization)とは、新たに創造された知識を組織に広め、新たな暗黙知として習得することである。

とある。

前回と繰り返しになるがこのSECIモデルは「熟達者との共同化を経て、ノウハウ形式知として表出化し、その形式知が集まって結合化し新しい知が創造され、さらにそれを個人に内面化するというサイクル」としてモデル化したことが画期的である。

 
それまで情報共有とは、「熟達者から未熟者への知識の伝承」という一方通行のモデルであった。しかしSECIモデルでは集団の中で扱われる知に注目し、その知が組み合わさって新しい知が生まれること(=結合化)を定義した。個人的にはこの結合化(=Combination)がナレッジマネジメントの最大のポイントであると認識している。
この結合化は単なるマニュアル集でもなければ、壮大なHowTo一覧でもない。「集団が知を寄せ集まったからこそ実現できる、新しい知を生み出すプロセス」である。詳しくは「結合化」の時に解説したいと思う。

SECIモデルの現状

ナレッジマネジメントにおけるSECIモデルの4つのプロセスは、全く新しい事ではなく身の回りに常に起きている事である。それらのプロセスを意識的にかつ効率的に実施しいかに新しい知を生み出すか?が重要なポイントである。
いくつかのサービスや手法を例にそのアプローチを探ってみよう。

f:id:Kura123:20170328012709p:image

グループウェアのアプローチ

グループウェアは「集団の中で発生する個人の作業を効率的に行うためのツール集合体」であるのでSECIモデルの4つのプロセスは担っていないが、「個人の暗黙知形式知にして共有する」という意味で「表出化」を実現していると言える。「表出化」とは個人が持っている暗黙知形式知として出力することであり、具体的には「ファイル共有」機能で作業マニュアル等を関係者で共有したり、「電子掲示板」機能で仕事のコツやマニュアル化できないノウハウなどを共有することなどである。
 

Evernoteのアプローチ

Evernoteは「Remenber Everything」というコンセプトの元に、「表出化」に徹底的にこだわったツールである。PC、スマホなどあらゆるデバイスからあらゆる形式のデータを取り込んで保存しておくことができる。また「結合化」を部分的にサポートするタグ付け機能やコンテキスト機能なども搭載されている。しかしながら「個人のツール」としては非常に優れているが、「集団のツール」として活用するのは使う側のスキルが要求される。
 

Googleのアプローチ

Googleのアプローチは「検索」によって必要なナレッジに素早く・簡単にアクセスすることである。これはナレッジを結合する「結合化」のプロセスを飛び越えているイメージである。世界中のあらゆるナレッジをつなげ、重要度・関連度から必要なナレッジを見つける仕組みは最も「結合化」に近いかもしれない。
 

・ ワークショップのアプローチ

ここでツールではないがワークショップのアプローチについても確認しておきたい。ワークショップは「参加者同士の協働によって新たなナレッジが生まれる手法」であり、まさにSECIモデルにおける「結合化」を実現することができる。またワークショップのプログラムによっては深く自分の暗黙知を探究するアクティビティが組み込まれている場合もあるので「結合化」と「内面化」を行き来することができるのがワークショップである。
 
次回からはいよいよ4つのプロセスをひとつづつ解説していきたいと思う。